ワキガ 対処

独自にアンケート調査を行った結果報告

私は、25歳の時までひどいワキガに悩まされていたので、思い切って剪除法でワキガ手術をしました。
値段は5万円で完全に脇の臭いがしなくなるというものでした。
また、縫わないといけないので、しばらくはデオドラントスプレーなどは使用を控えないといけませんでした。
またシャワーを1週間控えなければならないのが辛かったです。
少し痕が分かるかもしれませんが、臭いがなくなったことで、ノースリーブを着るのに対抗がなくなりました。

 

永久保証がある美容形成外科で直視下摘除法を受けました。保険適用外なので20万くらいかかりました。静脈麻酔で眠った状態での手術だったので痛みを感じることはなかったです。手術跡はうっすらと残っていますが、シワに沿っているのであまり目立たないです。だけどワキの匂いに怯えながらの不安な生活からは解放されたので気持ちがすごくラクになりました。ワキ汗も減ったような気がします。もっと若い頃に手術しておけばよかったと後悔しています。

 

プレミアム超音波サーマル法
モニター価格で10万程度
手術の予約をするときは土曜日を勧められました。
理由は、術後両脇の下に野球ボール大のガーゼボールのようなものを挟み、丸1日固定するためです。
肩から固定されるため、腕も上がらず着替えもままならない感じでした。
私は日曜日しか都合がつかず、月曜日はロボットのような状態で会社に出勤しました。
術後汗のにおいはかなり改善されましたが、汗の量はあまり変わった印象はありません。
ただ、制汗剤を使えばにおいが感じなくなるまで改善したので満足しています。

 

2年前くらいに、保険適用の手術を銀座で受けました。そちらの医院は必ずしも治りますとは説明がなかったのですが、麻酔の量が決まっている為に時間内に取れるだけのアポクリン腺の除去をするというお話でした。その時点でここの医院では効果がないのかもしれないなと思いながらも手術を試みました。色々なサイトで検索して術後のお写真や経験談など拝見していたのですが、私が受けた手術とはかなり異なる結果でした。
傷跡は1センチ程の小さな傷でしたので、痛みもほぼありませんでした。傷跡が小さいのはとても良かったのですが、その結果ほとんど手術前と変わらぬ汗の量で気になる臭いも変わらずです。人に不快感を与える程のワキガでは無かったので、再手術は一切考えていないです。
保険適用の場合は、しっかりと切開してくれる医院の方が良さそうです。

 

私は中学生の頃から、自分の脇を臭っては、臭いと自覚がありました。それがワキガだと気づくのに、同じような臭いの人が周りにいて知りました。カミソリでひたすら脇毛を剃る日々。高校生大学生と年頃になり制汗剤で必死に隠して来ました。脇毛も多く、脇毛の汗腺から臭いが発するとわかり、病院に相談に行きました。美容外科で手術を考えました。その前に、美容外科で脇毛の永久脱毛を勧められました。脇毛の周期に合わせてレーザー脱毛に通い、脇毛を永久脱毛しました。その後ワキガの臭いが軽減しました。私は手術ではありませんでしたが、脇毛の永久脱毛を行うことでワキガが軽減できました。