ワキガ 対処

独自にアンケート調査を行った結果報告

ワキガ対策はわきパットを利用して、こまめに交換することです。

 

デオドラント効果があるボディソープを利用して対策しています。

 

ワキガの症状を自覚し始めてからは、特に肌着に気を付けるようになりました。夏場でもキャミソールやタンクトップではなく、少し袖のついたフレンチ袖のインナーを着用するようにしています。素材はポリエステルより綿100%のものにすると、汗吸いも良いです。必ず袖付きの肌着を着用することによって、衣服に汗やニオイがついてしまうことを予防し、ニオイの繁殖を抑える効果がありました。

 

お風呂上がりにデオドラントスプレーをつけること。日中に汗をかいたらこまめにデオドラントシートで拭き取りをしています。

 

ワキガの対処にずっと悩んでいたところ、知り合いからデオドラントスプレーよりもミョウバンが良いと聞いいたので、携帯用スプレーにミョウバン水を入れて、外出帰りなどに吹き付けている。いくぶん弱まったと思う。

 

私のワキガ対策は、いつもエイトフォーを持ち歩いています。私はせっけんの香りがとても好きです。汗ふきシートも春夏秋冬必ず持ち歩いています。冬だからといって汗をかかない訳はありません。冬でも十分に汗をかいています。仕事の前は必ずシャワーを浴びて行っています。そうしないとワキガ臭が室内に充満してしまうからです。そこだけは大変気にしています。職場ではトイレで汗拭きシートを使ったり制汗剤を使ったりしています

 

私のワキガ対策は、お風呂に入った時に除菌効果のある緑茶でワキを洗う事です。
これで、思いっきり太陽の下でワキを出す事が出来ました。

 

普段の入浴時は、脇の下を石けんでよく洗います。朝にデオドラントスプレーをつけますが、蒸し暑い時期になったら、ミョウバン水で脇の下を拭います。

 

私のワキガ対策は、デオドラントスプレーを使ってさらに汗ふきシートで脇をまんべんなく拭きます。デオドラントスプレーだけでは効果が薄いのでさらに汗ふきシートを使っています。毎朝シャワーは必ず浴びていきます。ワキガは春夏秋冬問いません。冬だからと言って汗をかかない訳はありません。毎日デオドラントスプレーと汗拭きシートは必ず持って歩いています。これが私の基本中の基本です。

 

私自身は軽度のワキガです。臭いに対してきちんと対処すればワキガであることを気にする必要がなくなります。
まずは、身に着ける服の素材を、汗をきちんと吸い取るものにすることです。綿100%のものや、麻などもおすすめです。季節を問わず、脇部分にきちんと服があたり、汗を吸い取るデザインのものを選びます。脇汗パッドつきのキャミソールなどもおすすめです。汗をきちんと吸い取らないノースリーブは絶対に着ません。